不動産投資は株やFXなどの投資商品と比べて、初心者でも始めやすい投資です。
これから不動産投資を始めようと考えている方や不動産投資に興味を持っている方に対して、
「そもそも不動産投資とは何か?」ということをこの記事でご紹介したいと思います。

不動産投資とは?

不動産投資は利益を得ることを目的として土地や建物といった不動産を購入することをいいます。

投資といえば株やFXといったハイリスク・ハイリターンなものをイメージされがちですが、
不動産投資は比較的低いリスクで長期的に安定した収入を得られる、
ミドルリスク・ミドルリターンの商品として高い人気を集めています。

また収益だけでなく、税金対策としても効果が期待できることから
ここ最近はサラリーマンや公務員など、働きながら不動産投資を始める方も増えてきています。

不動産投資の基本

不動産投資で利益を得る方法は大きく2つあります。

インカムゲイン方式

購入した不動産を貸し出すことによって家賃収入を得る方法です。

キャピタルゲイン方式

購入した不動産を売却することによって利益を得る方法です。
つまり安く買って、高く売ることで利益を得る方法です。

初心者はインカムゲイン方式がオススメ

売却益を得るキャピタルゲイン方式は、不動産市況の動向を読み取るなどの経験が必要とされます。
今日の日本では物件を貸し出して家賃収入を得るインカムゲイン方式が主流であり、初心者にもオススメです。

不動産投資の種類

不動産投資と言っても、様々な種類があります。

では不動産投資にはどのような種類があるのか見てみましょう。

マンション経営

マンションを一室単位で経営します。

投資金額が他と比べて小さく、管理も管理会社にほとんど任せることができるので
手間がかかりません。
初心者にもっともオススメできる不動産投資です。

アパート経営

一棟アパートの経営を行います。

すでにある土地であれば別ですが、マンション経営とは違い、
ほとんどが「土地と建物」の購入になるので、投資金額が大きく、
管理も建物の修繕や設備の定期点検などコストと手間がかかります。

しかし、マンション経営と違い、
複数の部屋があるので空室リスクを分散することができ、
家賃収入がゼロになるという可能性は少ないのが大きなメリットです。

戸建て経営

一戸建ての経営を行います。

アパートと同様に「土地と建物」の購入することになるので、
マンション経営に比べて金額が大きくなります。

ただアパート経営にもいえますが、
マンションとは違い土地の割合が大きいので、相続税対策としての効果は高いです。

建物の構造について

次に建物の構造の種類についてです。

建物の構造は大きく5つあります。

  • 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
  • 鉄筋コンクリート造(RC造)
  • 重量鉄骨造
  • 軽量鉄骨造
  • 木造

上にいけばいくほど建物が頑丈で耐久性があります。

木造は2階~3階建てのアパートに多く、
何十階を超えるマンションになると耐久性の高いSRC造やRC造がほとんどになります。
耐久性があるほうが建物を大きくできますので、
物件一つ当たりの住人が増え、収入が大きくなります。
ただし、その分修繕費や維持費が高くなりますので、一概にどちらがいいとはいえません。

木造であれば維持費も税金も安いので収益性(利回り)が大きくなりますし、
SRC造やRC造は耐久性が高く、ローンの返済期間も長くとれるため、融資を受けやすくなります。

鉄骨造はその中間的な位置づけになっています。
重量鉄骨造であればRC造寄り、軽量鉄骨造は木造寄りです。

どれも一長一短ですので、構造で不動産投資が成功するかどうかは決まりません。
物件の立地、周辺環境など様々な条件を総合的に踏まえた上で物件を検討するようにしましょう。

物件の選び方のポイントについては
「良い収益物件を選ぶためのポイント」でご紹介していますので、参考にしてみてください。