不動産投資には、一戸建て、一棟アパート、一棟マンション、ワンルームマンションなど様々な投資先があります。 その中でもマンションの一室から始められるワンルームマンション投資は購入資金が安く、 初心者にとっても手が出しやすいので、まずは小規模から不動産投資をはじめてみたいという方におすすめです。 今回はワンルームマンション投資の特徴についてご紹介します。

ワンルームマンション投資とは?

ワンルームマンション投資は
マンションの1室を購入し、それを賃貸することで家賃収入を得ていく投資方法です。

比較的安い金額で不動産投資をはじめられるという手軽さから、
これから不動産投資をはじめる初心者の方やサラリーマンで副業として不動産投資をはじめてみたいという方を中心に人気がある不動産投資です。

ワンルームマンション投資のメリット

では、戸建てや一棟にはないワンルームマンションの3つのメリットをご紹介します。

購入金額が安い

ワンルームマンション投資の人気の理由のひとつとして、
物件の価格帯が安く、資金的に余裕がない人でも始められる手軽さがあります。

価格が低ければ収益もそこまで見込めませんが、
はじめて不動産投資をする人や分散投資をしてリスク対策をされる方が購入しやすいというメリットがあります。

好立地であることが多い

不動産投資では立地というのは大変重要な要素です。
立地次第で不動産投資が成功するかどうかも大きく変わってきます。

マンションの場合、駅から近いなどの利便性がいい好立地であることが多いです。

あなたが住んでいる付近で、主要な駅を想像してみてください。
好立地な場所にはアパートや戸建てはあまりないのではないでしょうか。

ワンルームマンション投資であれば、好立地の物件を探しやすいというメリットがあります。

管理の手間が少ない

ワンルームマンション投資は平日に仕事をしている人でも運用ができるほど、
手間が掛からないメリットがあります。

基本的に投資マンションは区分所有であるため、管理業務は管理会社が一括して行い、
所有者であるオーナーはほとんど口を出さなくても大丈夫です。

投資はしたいけど時間がない・・・という方でも複数の物件を運用する事が可能です。

ワンルームマンション投資のデメリット

メリットがあれば当然デメリットがある事を忘れてはいけません。

ワンルームマンション投資のデメリットを見てみましょう。

資産が建物のみになる

ワンルームマンションの場合、区分所有であるため土地の割合は極めて小さくなります。

そのうえに自由に扱うことも難しいので、
土地に関してはほぼ価値がないというデメリットがあります。

資産としては建物のみになりますが、
土地と違い建物は時間が経過して老朽化が進むと価値はほとんどなくなってしまいます。

このようなデメリットを回避するためにも、いつ売却するか、いくらで売却できるかの
出口戦略をきちんと考えておくことが非常に大事だといえます。

空室リスクが大きい

ワンルームマンション投資は、マンションの一室のみの所有になりますので、
仮にその部屋が空室になってしまったり、入居している人が家賃を滞納したりしてしまうと、
家賃収入がまったくのゼロになってしまいます。
しかし、毎月のローンは変わらず払い続けなければなりませんので、
長期的に運用していく場合、リスク対策は必須になります。

新築と中古の違い

同じワンルームマンションでも、新築か中古によって違いがあります。

購入金額が違うのもちろんのこと、収益性やリスクもそれぞれ異なってきます。

新築と中古、それぞれの特徴については
「新築物件と中古物件、どちらがお得?」
でご紹介してますので、ぜひ抑えておきましょう。

ワンルームマンション投資とアパート経営の違い

ワンルームマンション投資は、
投資を少なくマンションの1室を所有して手軽に家賃収入を得ることができる方法。

アパート経営は投資額は大きくなりますが、
建物1棟を所有し、リスクを分散させることができる方法。といえます。

この2つの違いについては
「アパート経営とワンルームマンション経営の違い」
で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ワンルームマンション投資は投資金額の低さから初心者でも手軽にはじめられる不動産投資です。
しかし、投資であることには変わりませんので、
経営に失敗して損をしてしまうことも十分に考えられます。
ワンルームマンション投資を始めるにしても、あらかじめ考えられるリスクを想定し、
事前にしっかりとした対策をとることが重要です。

不動産投資のリスクと対策については
「不動産投資を始めるにあたって知っておくべきリスクとは?」
で解説していますので、参考になればと思います。