はじめて不動産投資をするにあたり、
アパート経営かワンルームマンション経営かを考えることになると思います。
どちらも不動産投資には変わりありませんが、この2つには大きな違いがあります。
今回はアパート経営とワンルームマンション経営、この2つの違いを解説します。

アパート経営

アパート経営はアパート1棟を経営します。

アパートの購入は「土地と建物」になり、どうしても金額が高額になります。
アパート経営は一般人にはとても手が出せないと思われがちですが、
方法によっては、誰でも視野に入れて検討することができます。

アパートを購入する場合は金融機関の融資も住宅ローンとは異なり、
収益性が重要視されることになります。

住宅ローンのように「住む家」ではなく、「事業としての投資」ですので、
収支計画さえしっかりとしていれば、金融機関の融資を受けることができます。

アパート経営については
「アパート経営とは?アパート経営についての基礎知識」
でも紹介していますので、参考にしてください。

ワンルームマンション経営

ワンルームマンション経営は建物1棟を取り扱うのではなく、
マンションの1室を購入し、それを賃貸することで収入を得ていく方法になります。

1棟ものを扱うのに比べて手軽にはじめられることから非常に人気の不動産投資の方法です。

ワンルームマンション経営については
「初心者におすすめ!ワンルームマンション投資について知る!」
でも紹介していますので、参考にしてください。

アパート経営とワンルームマンション経営、その違いは?

では、アパート経営とワンルームマンション経営の違いを見ていきましょう。

2つの違いは以下があげられます。

  • 資産形成
  • リスクと利回り
  • 節税
  • 投資金額
  • 運用の手軽さ

資産形成

アパート経営は基本的に土地と建物を購入することになるので、
建物の価値がなくなったとしても、土地は資産として残りことになります。

対してワンルームマンション経営は区分所有になりますので、
投資に対する土地の割合は極めて小さく、そのほとんどが建物の価値になります。

資産形成という点でいえば、「土地が残る」はアパート経営の大きなメリットです。

リスクと利回り

ワンルームマンション経営ではマンションの1室に投資しますので、
その1室が空室になってしまうと家賃収入がまったくなくなってしまいます。

対して、アパート経営は複数の部屋を持つことになりますので、
仮に1部屋が空室になったとしても家賃収入は減収で済みます。

アパート経営は空室リスクを分散できる投資方法になります。
しかし、マンションの1室と違い、アパート1棟は投資金額も大きいので、
入居者がなかなか現れないと、損失も大きくなります。

アパート経営とワンルームマンション経営では、想定される利回りが異なることになります。

節税

ワンルームマンションの場合は
「資産形成」のところで述べたように価値のほとんどが建物の価値です。
そのため、建物の減価償却のよる節税効果が大きくなります。

一棟アパートの場合でも減価償却による節税効果はもちろんありますが、
土地には減価償却がないため、ワンルームマンションに比べて節税効果の割合は低くなります。

投資金額

アパート経営では土地代も掛かる反面、
ワンルームマンション投資であれば数百万円から始められるので、
はじめて投資する人であれば借金のリスクが軽く済みます。

運用の手軽さ

ワンルームマンションは基本的に管理会社が一括管理してくれるので、
収益計算以外はほとんど手間いらずです。

対してアパートを経営する場合、管理会社に任せることも可能ですが、
やはり部屋数の多い分コストや手間がかかります。

まとめ

アパート経営とワンルームマンション経営の違いについて書きました。

最後にワンルームマンション投資とアパート経営の総合的な比較をまとめておきます。

  • 資産形成 ⇒ アパート有利
  • リスクと利回り ⇒ アパート有利
  • 節税効果 ⇒ どちらが有利とはいいきれない
  • 投資金額 ⇒ ワンルームマンション有利
  • 運用の手軽さ ⇒ ワンルームマンション有利

不動産投資をこれからはじめるという初心者の方であれば、
まずは手軽にはじめられるワンルームマンション経営をはじめてみてはいかがでしょうか。
アパート経営は投資金額が大きいので、マンション経営でまずは不動産投資の経験を積み、
十分な収入や資金が得られるようになってきたら、
アパート経営を考えてみる、というのも1つの方法です。