不動産を売却する際は不動産業者に「仲介」をしてもらうのが一般的だとは思いますが、もう一つの方法として不動産業者に「買取」をしてもらうという方法があります。今回は不動産を売却するにあたって「買取」とは何なのか? また、「仲介」ではなく「買取」を利用するメリット・デメリットとは何なのか?
「仲介」との違いを比較しながら詳しく解説していきます。

不動産の売却方法のひとつ「買取」とは?

「買取」とはその名のとおり、不動産業者に直接不動産を買い取ってもらうことをいいます。

「買取」での不動産売却というと、あまり馴染みが無いという方も多くいるかと思います。広告活動などを行う必要が無い売却方法ということからも仕方のないことかもしれませんが…

買取は2種類ある

買取業者によって多少違いますが、買取には2種類あります。

買取保証

不動産業者が一定期間売却活動をし、その期間中に成約に至らなかった場合は事前に約束した価格で買い取ってもらいます。

即時買取

言葉どおり、売却活動を一切行わずに業者に買い取ってもらうことです。

仲介による売却との違いを比較!

不動産の売却方法は「仲介」と「買取」の2つがあります。

  • 「仲介」・・・不動産業者に仲介をしてもらって買い手を探してもらう
  • 「買取」・・・不動産業者に直接買い取ってもらう

大きな違いは売る相手が違うということです。

不動産の売却を仲介業者に依頼した場合、仲介業者に買い手を探してもらいますので、買い手は基本的に一般の人になります。

不動産仲介については
「不動産の売却において知っておくべき知識①不動産仲介とは?」
でご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

対して不動産の売却を買取業者に依頼した場合、買取業者に直接売却しますので、買い手はその買取業者になります。

「買取」のメリット

短期間で売却ができる

「仲介」の場合、なかなか買い手が見つからなければ、売却にかなりの時間がかかってしまうこともあります。

「買取」であれば、買い手が不動産業者なので、手間もかからず、すぐに現金化することができます。

「仲介」と比較した「買取」での売却の最も大きなメリットともいえるでしょう。

仲介手数料がかからない

「買取」によって不動産を売却すれば、仲介業者を利用した場合に必要となる仲介手数料が不要になります。

ほとんどの買取業者は買い取った不動産を転売して利益を出すことを目的としているため、仲介手数料で利益をあげる必要はないのです。

他人に知られることがなく売却ができる

不動産を売却する理由は人それぞれですが、
あまり周囲の人に知られないよう不動産を売却したいということがあると思います。

「仲介」による売却だと仲介業者は買い手を見つけるために広告活動を行いますので、どうしてもまわりの人から「売却活動中」であることが知られてしまいます。

一方、「買取」であれば、買取業者と直接交渉しながら売買をすすめていきますので、 広告活動もする必要がなく、他人に知られることなく不動産を売却することができます。

瑕疵担保責任が免責される

「買取」で不動産を業者に売却すれば、瑕疵担保責任が免責されます。
法律上、瑕疵担保責任は買い主が不動産取引のプロである不動産業者の場合には適用されません。
買取業者に買い取ってもらえれば、原則、瑕疵担保責任は免責となります。

※仲介によって売却する場合は売主はこの瑕疵担保責任を負うことになります。

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)とは?

売買契約の目的物(宅地または建物)に、契約の締結当時にすでに瑕疵(欠陥・キズ)があった場合、売主が買主に対して負う責任のことをいいます。売主は必要に応じて、欠陥を修復しなければならず、場合によっては契約の解除、損害賠償を請求される場合があります。
民法では売主が責任を負う期間は買主が瑕疵を知ってから1年以内としています。

よくある瑕疵としては、雨漏りやシロアリ被害などの物理的瑕疵、事故物件などの心理的瑕疵、騒音や悪臭などの環境的瑕疵などがあります。

資金計画が立てやすい

買取業者に買い取ってもらうので、売却までのスピードもはやく、資金計画が立てやすいといえます。 仲介による売却ではいつ不動産が売却できるかがはっきりしないため、買い替えの段取り(引っ越しなど)がしづらくなります。売りに出してからしばらく売れないと値下げしていくことにもなり、その結果ローンの残債以下の価格となってしまう可能性もあります。

「買取」のデメリット

仲介に比べて売却価格が低くなる

買取業者は一般的に仕入れた物件を転売して利益を得るのが目的です。

仲介手数料は不要ですが、リフォーム・イノベーションにかかる費用や転売利益等の購入諸経費分を差し引いて買取価格を出しますので、仲介業者を利用する場合と比べて買取価格が低くなってしまいます。

地域や物件によって異なりますが、仲介を利用したときの価格と比べて1割~3割ほど安くなると思っておいたほうがいいでしょう。

「買取」と「仲介」どちらがいい?

不動産の売却を考えたとき、ほとんどの人は「出来るだけ高く売却したい」というのを優先して、買取価格を重視すると思います。 買取での売却は仲介での売却より売却金額が低くなってしまいますが、買取を希望する場合は金額よりも重視される点が他にあり、仲介では売却が難しい場合に選択されています。 以下のような場合であれば、「買取」を選択したほうがいいでしょう。

手間をかけず、確実に売却したい

住替えや、不要な不動産の現金化などで「○○月中に現金化したい」「内覧や面倒な手続きを省きたい」という場合は、買取してもらうことで面倒な手間もかからず、確実性が高まります。

仲介に依頼しても、なかなか買い手が見つからない

仲介に売却を依頼していたが、半年以上たっても買い手が見つかる気配がない場合。買取に切り替えるケースがあります。

はやく現金化する必要がある

「債務返済」「相続」「離婚」などにより、不動産を売却する必要が発生し、現金化までにあまり時間が無い場合。

売却を人に知られたくない

多くの人に知られないよう、広告活動などを行わず売却したい場合。

一般の人が手を出しにくい物件の売却

事業用物件やワケ有り物件、築年数が古すぎる物件など、一般の人で買い手を探すのが困難な場合。

まとめ

不動産の売却方法である「買取」について書きました。 「買取」と「仲介」どちらもメリット・デメリットはあります。 それぞれの違いをしっかりと理解して、自分の状況に合わせて有効的な不動産売却を行うようにしましょう。